Webコンテンツ・マネジメントの市場動向

You are here

アメリカのコンサルティング会社、HTFマーケット・インテリジェンス・コンサルティングが2018年から2025年までのコンテンツ・マネジメント市場の規模やトレンドに関するリポートを公開(有料)しました。

カバーしている市場にはアメリカやヨーロッパ、中国、インド、東南アジア、中南米と日本が含まれます。

適用領域による市場セグメントとしては、メディア&エンタメ、ヘルスケア、旅行・ホスピタリティ、政府機関、銀行・金融・保険、小売り・消費財、教育などをカバーしています。

この分野における主要な企業(キー・プレイヤー)は、Sitecore(デンマーク)、Adobe Systems(米)、Episerver(スウェーデン)などですが、さらに他領域でのビッグネームであるIBM(米)、オラクル(米)、マイクロソフト(米)ラックスペース(米)なども調査対象に挙げられています。もちろん、Drupal創始者が率いるAcquia(米)に関する調査結果も掲載されています。

市場トレンドとしては今後も成長が予測されていますが、実際にはウェブを使った各種のアクティビティの動向、ソーシャルメディアの成長度合いや使われ方、スマート・スピーカーなど新しいスマート・デバイスの増加やオンライン・マーケティング市場の動向に左右されるはずです。このレポートでは2013年からの過去数年の市場データの分析などに基づき、2025年までの中長期に渡る展望を説明しています。

 

【参考情報】

Global Web Content Management Market Size, Status and Forecast 2018-2025