「Lightning」でDrupalはもっと使いやすく進化!

You are here

Lightningは、Drupalの無料オープンソースディストリビューションです。Drupal 8の開発を加速し、技術者以外のユーザーがコンテンツを簡単に管理できるようにします。Lightningの目的は、開発者に素晴らしいオーサリング体験を作成できるようにして、編集チームに権利を与えることです。Lightningは、軽量フレームワークのドキュメントと、Drupalのソリューションを構築するための適切な例を提供します。

 

LightningはDrupal8の短いキットとして呼び出すことができます。組織はDrupal8を簡単に使い始めることができ、プロジェクト開発の時間を短縮できます。このようにして、技術的なハードルの解決ではなく、クライアントのニーズにもっと集中することができます。

 

Lightningは、マーケティングチームや編集チームが必要とするデジタル体験の下記の4つの主要なコンポーネントをカスタマイズするのを支援します。

 

1. ドラッグアンドドロップレイアウト

2. メディア管理

3. コンテンツワークフロー

4. 体験プレビュー

5. 速くてより良いD8で開発

6. 自立的なコンテンツ作成者に権限を与える

 

以下のデモビデオは、Drupalで実現できない特定の機能をLightningがどのように実行できるかを示すです。

 

Media-1-4

1. コンテンツを編集するときにメディアをアップロードして、今作成しているコンテンツや後で作成するコンテンツで使用するときに繰り返しアップロードする必要はないようにしたい。
2. コンテンツを作成するときは、サイトのメディアライブラリを参照して、記事で使用するものを選択して、再度アップロードする必要はないようにしたい。

Media-2

コンテンツを作成するときは、Vimeoなどのサイトからオフサイトのメディアを埋め込むことができるようにして、メディアの追加や保存や表示の心配がなくてもうまく動作させるできたい。

Layout-1

オフページを1つ作成するときに、ブロックを追加して、そのページだけに配置できて、レイアウトとコンテンツの両方が一意になるようにしたい。

Layout-2

コンテンツタイプを編集するときに、そのタイプのフィールドに適したデフォルトのレイアウトを設定して、コンテンツタイプのレイアウトが異なって、素早く識別できるようにしたい。

Layout 3-4

1. コンテンツを作成するときには、1つのポストのレイアウトを選択できるようにして、レイアウトを使用してコンテンツの何かを視覚的に強調するできるようにしたい。
2. オフページを1つ作成するときに、あらかじめ定義されたテンプレートにロックされないように、そのページのレイアウトを選択できるようにしたい。

Workflow-1

サイトを構築するときに、任意の数または種類のワークフロー状態を作成して、ワークフロープロセスが厳格な事前定義スキームではなく組織の実際のニーズに適合するようにしたい。

Workflow-2

コンテンツを作成したり編集したりするときは、「レビューが必要です」、「翻訳が必要です」などのフラグを付けたり、公開、公開されていない状態で保存したりして、関係者が次のステップを知ることができるようにしたい。

Workflow-4

コンテンツを編集するときに、リビジョンとメタデータを追跡したい。そうすると、将来的にコンプライアンスのためのレコードを作成するように求められれば、簡単に行うことができます。

Workflow-5

コンテンツを編集するときに、将来の日付に公開する記事グループをスケジュールしたい。そうすれと、それぞれを個別に公開する必要はなく、一緒にプレビューすることができます。

Preview-1

コンテンツを編集するときに、公開されたバージョンがあっても別のバージョンのページをプレビューすることで、計画されている本当の姿を知るようにできたい。

 

 

<参考情報>

Lightninh_Acquia

Drupal_projrct_lightning

Acquia-releases-lightning

amazing-publishing-experience-with-lightning