Pathauto モジュール

You are here

Pathauto モジュール

 

本日は、DrupalのPathauto モジュールをご紹介します。

 

Pathautoモジュールを使うことで、コンテンツのURLパスをあらかじめ設定したルールで自動的に作成することができます。
このモジュールを使わない場合、コンテンツのURLパスは「/node/1」のように表示されます。
Pathauto にはデフォルトの状態で、ノードやユーザー、ブログ記事(の一覧)、ボキャブラリー、タクソノミー・ターム、メニュー、あるいはストーリーやページ、ブック等のコアのコンテンツ・タイプといったコンテンツに対してそれぞれ自動的にエイリアスを生成するいくつかのパターンが設定されています。これらのパターンはトークンを使って作成されています。

 

関連(依存)モジュール: Token (トークン)

 

詳しくは、こちらをご参照ください。