政府部門におけるDrupalのデジタル体験

You are here

 

通常は、政府機関はデジタルの進歩に欠けています。しかし、最近では、政府機関もデジタルシステムを強化してユーザーに素晴らしい体験を提供しています。

 

下の3つの例は、政府部門におけるDrupalの革新を証明します:

 

1. Obama Presidential Library (Obama Presidential Library)

このサイトは、オバマ大統領職のデジタル記録である。ナビゲートしやすくて豊富なデジタル体験を提供する仮想図書館です。情報は、オバマ大統領の8年間のインタラクティブなタイムライン及びビデオと写真を通じて創造的に表示されています。

 

2. The State of Georgia – Interaction with citizens via Amazon Echo

 (アマゾンエコーによる市民との交流)

Georgia.govは、ジョージア州の公式サイトです。12ヶ月以内に、Georgia.govはPhase2と提携し、55のサイトをDrupalプラットフォームに移行し、完全なエンタープライズのDrupal実装を行う最初の州政府となりました。

約1ヶ月前、ジョージア州政府のデジタルサービス代理店であるGeorgia.gov Interactiveは、Acquiaとのパートナーシップを通じて「Conversational Interface Pilot」(会話型インターフェイスパイロット)を開始しました。これは、市民が多数の政府サービスと音声で対話できるようにするパイロットプログラムです。

 

3. Boston.gov 

ボストン市は2016年にDrupalとAcquia Cloudで新しいサイト「Boston.gov」を立ち上げました。11ヶ月以内に、20,000以上のWebページと100万語を新しいboston.govに移行しました。このサイトは美しく設計されており、有益で有用です。

同市のデジタルチームは840ページのPDF(Marty Walshボストン市長提案$ 3.14B予算)を発表する革新的な方法を見つけました。新しいbudget.boston.govはナビゲートしやすくてインタラクティブであり、税金の使い方を知りたい人に便利です。「How Does the Budget Work」や「Glossary of Terms」のようなページは、文書をより透明にし、ボストンの市民やビジネスにもっとアクセスしやすくします。

 

 参照サイト:

Three Government Digital Projects Highlight Drupal-Enabled Innovation

President Obama's presidency

Georgia is using Alexa to reach more disabled residents

State of Georgia

Boston.gov