「Amazon-Wholefood」契約のDrupalに与える影響

You are here

2017年7月16日、Amazon.comは、人気のハイエンド有機食品の食料品チェーンであるWhole Foodsを買収することを発表しました。両社はDrupalエコシステムの主要なステークホルダーです。Amazonは2014年にAcquiaに投資し、Acquiaのホスティングインフラストラクチャの多くはAmazonウェブサービスに依存しています。Whole Foodsはウェブ上の存在感のためにDrupalを少なくとも5年間使用しています。Acquia DrupalはWhole Foods DevOpsの重要な部分です。

 

Amazonは買い物の歴史とパターンを使って、私たちが気付く前に必要なものを売ります。Whole Foodsから新たに取得したすべてのデータを使用することで、Amazonは小売店舗に対する効率的な在庫決定を行うことができます。この買収により、Amazonは食料流通ネットワークにアクセスすることができ、有機食料品に関連する非常に強力なブランドをAmazonに追加します。

買収の最も有力なものは、自動小売店の最近の実験である「Amazon Go」にあります。Goは、店舗のための摩擦のないショッピングとチェックアウトの経験です。そのウェブサイトによると、お客様は他の店舗と同じように閲覧して買い物することができます。:行なし、チェックアウトなし

 

AmazonはDrupalを長期的にはWhole Foodsのインフラストラクチャに活用するために引き続き使用するようです。

 

しかし、短期的にはWhole Foodsは、技術的に精通した小売企業からより多くのカバレッジとサポートを得て、独立した完全子会社として引き続き機能します。

また、バックエンドのデータの格納、検索、統合のためにヘッドレスのDrupalを使用することで、Amazonとの緊密な関係を構築する機会が開かれるかもしれません。 小売業者がAmazonの優位性に苦しんでいるのと同じくらい、製造業者は摩擦のない流通と新たな販路を創出することで利益を得ています。これはDrupalコミュニティに、Drupal 8と以降のベストを尽くす機会を増やします。 

 

Amazonと競争したい小売業者には、Drupalの持つビジョン、コミュニティ、そしてワールドクラスの持続可能で拡張可能なソリューションを構築するためのプラットフォームが必要です。その小売業者には成功へのショートカットが必要になります。それはDrupal 8です。

参照サイト:

Why Amazon.com Just Bought Whole Foods and What That Means for Drupal